top画像左
top右

英語を勉強するサラリーマンのフォルダtop

丸暗記とスピーキングの訓練の違いとは?

頻出度の高い表を丸暗記し続ける学習方法が英会話には存在しますが実際にはどうなのでしょうか?英会話学習で丸暗記する学習方法に対する個人的な意見などを記載。

使える表現を身につける訓練は丸暗記と同じ!?

2014-12-24
使えそうな表現、あるいは頻出度が高い表現を徹底的に覚えることは効率が良い学習方法に思えます。 なぜなら覚えたモノが実際の会話で使える場面になればスマートに表現できるからです。

自分的には、これに関しては微妙な考えを持っています。 もちろん、各々の英語力のレベルによって意見は違ってきますが・・・。 今回は問答無用の「丸暗記」と基礎的な部分の反復練習の違いに関して自分なりに思うことを述べたいと思います。

現在、「新・基本英文700選(駿台受験シリーズ)」を聞き取って自分の声で再現する訓練を続けて三ヶ月程が経過しています。 毎日英文を聞き取って自分の口から声を出してそれを再現する訓練を続けています。

英会話の学習で避けては通れない訓練の一つが基礎的な部分の反復練習です。 徹底的に英文法の基礎を頭に叩き込み、無意識のレベルで言いたい文章を英語で組み立てることが一応の目標です。

言いたい事が組み上げられて自在に引き出し可能な頭の中の基礎文法に沿って、 瞬間的に口から出せるレベルになる事が基本的な英会話をマスターする第一歩であると考えています。

その為には良質で基本に忠実な例文を頭に叩き込む事が有効であると考えます。 「英語口シリーズ」の著者である市橋先生も「九九を暗誦するごとく例文を声に出して繰り返し音読する」事が重要であるとおっしゃっています。

「それって丸暗記と同じじゃないのか?」

そうおっしゃる人がいるかも知れません。しかし、違うのです。丸暗記は表現をだた機械的に覚える事です。

この場合には基礎的な文法を意識する気持ちが根本に存在するかどうかが分かれ道です。 単に表現を百個覚えても応用が利かないならばそれ以上拡張はしませんよね。

しかし、あくまで基本的な文法に沿って表現の幅を広げる訓練をしていれば覚えた事とは多少違った場面でも応用が利くという考え方がしっくりくるかもしれません。

つまり、表現の幅と実際に語句を使用する軽い訓練的な意味合いが強いです。

知識として知っている部分を頻繁に使う事で「使える語学力」にする為の学習と言い換えられます。 まぁ、結局は覚えるという事には変わりはないのですけれども・・・。

ただ、単に覚えるのではなく、「あぁ!こういう考え方でこの形も使えるのだな。」という具合に「自分がその表現を使う事」を意識する気持ちが丸暗記とは違うのです。

ちょっとわかりにくいですが、自分の中で使える場面を想定して、 言葉を置き換えて記憶に刷り込んでいくという作業を行っている点が機械的な丸暗記とは違うと言いたいのです。

シーン別での学習には限界があるという現実

よく言われるのが、目的別に使う場面を限定した表現を優先的に覚えていく手法が手っ取り早く実践的な効果を得やすいという話です。 例えば、海外旅行が迫っていて早急に英会話を覚える必要がある人は旅行に関する表現を覚える事が最も効率的ですよね。

飛行機のチケット関連、宿泊先関連でのやり取りなどを優先的に覚えれば使用頻度は高いでしょう。これはこれで正しい英会話の学習方法の一つです。

ただ、自分の目的には合致しないです。というのも、自分自身の目標はある程度内容の濃い「込み入った話のやり取り」を英語で出来るレベルに目標を置いています。

海外には駐在するつもりも行くつもりはありませんが、仕事上の必要性で海外から取引先の人間が来たとしても困らないレベルの英会話力は欲しいと考えています。

簡単なコミニュケーションだけでは仕事上の問題はこなせません。

つまり、いくら場面別で使える表現を勉強しても覚えたこと以外の事が言えないと話にならないと思うのです。 (あくまで個人的な意見ですよ。)

だから、自分の考えを表現する能力が必要であると考えます。 同時に相手が主張する内容や尋ねてくる質問を的確に把握できるレベルになる事も必要です。

そうなると最初の小一時間位で会話が尽きてしまうようなレベルの表現ではなく、自分の言葉で自分の考えを語り、同様に相手の事も理解できるレベルの能力が必要であると考えているのです。

こういった能力を身につけるには自分で言葉を選び、自分で文章を組み立てて話せる能力が必要になってくると考えます。しかも会話が進む中で相手の話を理解したうえで、今度は自分の考えや意見を発言する必要があるのです。短時間に、です。

もちろん、実際の会話では短い時間でこれを行わなければ話にならないです。

難しく聞こえるでしょう。というか、自分自身も当初は「困難な目標かも・・・」なんて思ったりしています。英語を流暢に話す人をとてもうらやましく思っていたのです。

しかし、実現不可能な奇奇怪怪な問題でもなく、実は基本的な語句をしっかりと押さえ、 使いこなし、明らかに間違った文章を作らない基礎さえ出来てしまえば、ある程度は訓練次第で何とかなるというものです。

基本に忠実で良質な例文を無意識に頭の中で出し入れする訓練
声に出して正しい発音で英文が口から発声する為の訓練

こういったモノが必要になってくると考えています。 そこには「会話で使える表現」という言葉や「頻出度の高い表現」などという言葉は存在しません。 「応用できて使えるか?」が焦点になってくるのです。

もちろん、そういった考えの中には実際の会話でよく使われている表現や使われ方を重要視する事も含まれます。 要するに「丸暗記」と「使える語学力を身につける」の違いは応用が効くかどうか?であるのかなぁとも考えています。 (・・・この部分はあまり自信がありません。)

「出来の良いテキストは長い期間に渡って愛され続ける」

適当に今考えた言葉ですが、 色々な人が色々な目的と色々な思いを持ちながら学習してきたこの「新・基本英文700選(駿台受験シリーズ)」というテキストはやり込んだ人間にしかわからない「何か」を与えてくれる気がするのです。

・・・ウソです。勢いでちょっと適当な事を言いました。 「何か」などという抽象的なものではなく、確固たる英会話の基礎を与えてくれると信じています。

事実、この「新・基本英文700選(駿台受験シリーズ)」のテキストを学習の主体に据えて、 音声も併用して学習を進めて三か月経った今現在でもヒアリングのレベルの向上を実感できています。

「耳が高性能なモノに置き換わったのか?」

と感じるくらい、これまでの英語の英文の細かい部分まで「聞きとれる」様になっています。今まで意識が薄かった前置詞などもしっかりとキャッチできる自分に驚きです。

まぁ、回りくど言い方をしていますが、要するに労力と時間を惜しみなく投じても損はないテキストであると思います。 (実際に自分自身も全力で学習中です。2014年12月現在)

新・基本英文700選(駿台受験シリーズ)の紹介


▲詳細はクリックで
新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
英文和訳と和文英訳の基本となる英文700が記載されており、英文は文法・構文の秩序を重視し、理解しやすく、 覚えやすく配列されてあります。

重要な構文と文法事項は太字に、記憶すべき慣用語句はイタリック体にされています。 commentに熟語や慣用句の意味/参照事項/解説がまとめられた書籍です。

楽天市場で購入する場合はコチラから▼

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)


「新・基本英文700選」を英会話の学習のために使う注意点

受験勉強などの対策で使用される事も多いこの教材を、 英会話の学習で使用する場合の注意点や気付いた点などを幾つか記載したいと思います。

注意点
解説が非常に少ない
文法面で一から復習したい人には向かない

それぞれの構文や基本的な単語の使われ方などを一度総復習してから同書に取組んだほうが良いでしょう。 文法の復習と言っても中学レベルの内容をやるだけで十分であると思います。 (「瞬間英作文シリーズ」や「英語口シリーズ初級編」など)


気付いたこと
根気と根性が必要
CDは併用した方が絶対に効果的
時間(期間)が結構必要

部類としてはかなりヘビーな学習に分類されると思います。 軽い負荷の学習としては「瞬間英作文シリーズ」のテキストを使用した方法などがありますが、 それらと比較するまでも無く、結構大変です。

「隙間時間にちょこっと実践する」という方法は難しいかもしれません。 しかも、音声を聞いて自分の声で発生する訓練は非常に集中力を使いますので疲れます。

短期間で劇的なスキルアップを目指す人には向かないテキストかもしれません。 そのあたりは各自の判断で・・・。 決して高くない書籍なので購入する場合でも大きな出費にはなりませんからね。

【関連コンテンツ】

サラリーマンの英会話学習のヒント


英会話スクール関連


英会話の勉強関連で思いついた事


英会話学習便利グッズ関連



英会話の勉強ブログ

英語を勉強するサラリーマンのブログ
2年間お世話になったYouCanSpeak2017-05-12
まだしつこく継続中「即戦力がつくビジネス英会話」2017-02-07
英語が話せると話せないの境界線とは?2016-10-08
ビジネス英会話の基本学習をはじめる2016-08-29
さらに快適になった就寝前の英語学習2016-06-29
総学習60時間の時点のYouCanSpeakの体感記2016-04-07
パワーアップしたYouCanSpeak(個人の感想)2016-03-23
「YouCanSpeak」を実践して12ヶ月目の記録2016-02-25
リスニング力がいつまでも向上しない理由2015-12-03
新・基本英文700選の学習を完遂!2015-11-16
英会話の「話せる」と「話せない」の境目を実感中2015-10-13
「YouCanSpeak」を実践して6ヶ月目の記録2015-07-01
オンライン英会話トレーニングの魅力を体験2015-04-25
オンライン英会話トレーニングを活用してみる2015-01-24
語学学習のMP3プレーヤーを別視点から選ぶ2015-01-16
就寝時の英会話学習を快適に…2015-01-12
丸暗記とスピーキングの訓練の違いとは?2014-12-24
音読効果で読解力のアップを実感2014-12-10
初めて英語で行ったメールのやり取り2014-10-30
リスニングと音読の学習の関係とは?2014-10-09
「英語口中級編2」の学習を完遂2014-09-03
「英語口中級編2」を実践中2014-07-02
英会話の勉強方法それで大丈夫?2014-05-28
聞き流しで対応でできる新規教材を購入2014-04-15
ついに腰をすえた英会話学習をスタート!?2014-03-28
語学学習に最適な薄型CDラジオ2014-02-23
瞬間英作文の学習をさらにステップアップ!2014-01-23
英語口中級編1の学習をひとまず完遂2013-11-15
瞬間英作文を応用した学習をスタートさせる2013-10-07
基礎的な英語力が学習効率を激変させる?2013-08-20
今まで1年8ヶ月の英会話学習を振り返って2013-08-05
英会話スクールでの学習をいったん終了2013-08-01
瞬間英作文トレーニングの新たなステージへ2013-07-23
頭ではイメージできる関係代名詞に苦戦2013-06-21
瞬間英作文トレーニングの効果を体感2013-06-04
オンライン英会話への切替えを検討中2013-05-11
英語を話す訓練の途中経過2013-04-14
受身ではもったいない英会話スクール2013-03-20
ビジネス英会話学習にチャレンジ2013-02-09
短時間でも集中して英会話学習!2013-01-25
簡単な英語が聞き取れない現実2013-01-05
サラリーマンの英会話学習の必須アイテム2013-01-02



英語を勉強するサラリーマンの為にtop


管理人が実践してきた教材(書籍)や愛用しているアイテム

リスニング完全トレーニング(アルク)
リスニングという切り口で構文を意識する勉強を行う、というユニークな教材です。構文や文法の勉強を実践しながらリスニング力を向上させる事が可能な教材。

やさしい日常英会話(西東社)
英会話のテキスト(書籍)としては長ロングセラーです。この本にお世話になったという人が意外と多いのではないかというぐらい定番の入門書です。


ネイティブとペラペラ話せる本
ネイティブが書上げた英会話学習者の為の一冊。英語を母国語とする方しか書けない部分や、英会話学習の際に発展性のある考え方などが記載されています。

英会話の学習に便利な音楽プレーヤー
小型で軽量、長時間再生が可能で価格も手頃という優れたオーディオプレーヤーの紹介です。安価に便利」の商品を紹介させて頂いております。


エブリデイイングリッシュの体験談
英会話の学習の最大のコツである「継続させる事」を実践する為に考えられた教材です。英会話の勉強を挫折した経験のある人こそチェックしたい商品です。

あると便利な防水プレーヤー
毎日の入浴時間が有益な英語学習に変化します。一日の疲れを癒しながらリスニング、スピーキングの練習をする為に是非とも持っておきたいアイテムです。


即戦力がつくビジネス英会話
実際のビジネスの場で使われる表現をマスターする為の必須の表現が満載です。リスニング教材として難易度は高いです。とても速いスピードは超実践向けです。

話すための瞬間英作文トレーニング
簡単な英語表現すら言葉にできない状態を克服する為の訓練ができます。頭では十分わかり過ぎている平易な文章を瞬間的に口から出せるようになる本です。


スポンサードリンク